top-banner

Home / Q&A

Q&A

よくある質問

逆浸透膜システム
arrow逆浸透膜浄水器とはどんな仕組みで分離除去を行っているのでしょうか?
arrowシステムの大きさはどのくらいですか?
arrow逆浸透膜浄水器に磁気や波動等のフィルター装備した商品はありますか?
arrow水のクラスターは小さくなりますか?
arrowタンク不要のダイレクトフロー式逆浸透膜とはどんなシステムですか?
arrow逆浸透膜の孔の大きさが0.0001とか0.0003ミクロンとかありますが除去性能が違うのですか?
arrow今まで見たことも無い浄水器を購入するのは不安なのですが?
arrowどのくらいの人がアルプスウォーターの浄水器を利用しているのですか?

価格や経済性
arrow逆浸透膜式浄水器は廃棄水が出るので不経済ではないですか?
arrowメンテナンス費用やフィルター代金等のランニングコストが高額と聞きますが?
arrow浄水器購入代金の支払いにはどの様な方法があるのですか?

他の浄水器との違い
arrow他方式の浄水器メーカーの宣伝が招く逆浸透膜浄水器への誤解!?
arrow逆浸透膜では他の浄水タイプと比べてどれくらい汚染物質を除去することができますか?
arrow逆浸透膜と他のフィルターの一番の違いは?
arrow浄水する時の水の切り替えや、電源のON/OFF等、操作は面倒ではないですか?
arrow活水器、整水器と浄水器はどう違うのですか?
arrow大腸菌が検出された井戸水にも対応できますか?
arrowフッ化物が井戸水から検出されました、除去出来ますか?

メンテナンス
arrowフィルターの交換頻度はどのくらいですか?
arrowフィルターは自分で簡単に交換できますか?
arrowフィルターやシステムの補修部品等の長期的は供給は大丈夫ですか?
arrow浄水器は欲しいのですがフィルター交換が面倒くさいのですが。。
arrow浄水器システムの耐用年数はどのくらいですか?

水の安全性や効果
arrowミネラルまで除去してしまうRO浄水器は体に悪いと聞いたのですが?
arrowミネラルウォーターが安全なので、いいのでは?
arrow塩素が除去されてしまった純水は細菌などに汚染されませんか?
arrowROの純水にミネラルフィルター等でミネラルを添加した方がよいのではないですか?
arrowRO浄水器システムのピュアウォーターにはどんな効果・効能がありますか?
arrow逆浸透膜の水は酸性だと聞きましたが、本当ですか?
arrowヨウ素131、セシウム137の除去は逆浸透浄水器で可能ですか?

その他
arrow宅配水のピュアウォーターは逆浸透膜浄水器で造られていると聞いたのですが?

他方式の浄水への質問
arrow逆浸透膜式ではなくても砒素、水銀など除去データを記載している浄水器がありますが?
arrowアルカリイオン整水器でお茶を入れると色が濃くなるのは水のクラスターが小さくなるからですか?



q逆浸透膜浄水器とはどんな仕組みで分離除去を行っているのでしょうか?

a動植物の細胞膜に近い人工の半透膜で水分子の濃度差の移動により分解除去しています。
動植物の細胞膜(水の分子や栄養素を通過させる)に近い人工の半透膜で濃度差のある水溶液を仕切ると、通常でしたら濃度の高い水溶液を薄める様に溶媒である水分子が移動します。
これが通常の浸透作用です。逆浸透膜とは濃度の高い水溶液に圧力をかけ溶媒である水分子をしみ出させ、純水を作ります。ROとも呼ばれるのはReverse(逆)Osmosis(浸透)の略です。
膜の孔の大きさによって分離出来る物質が変わりますが、基本的には液体の大部分を占める溶媒(水、油等)だけを通過させ液体に溶けている物質、溶質(イオン、分子、高分子)等は通過させない膜です。
浄水器に使用される逆浸透膜は溶媒の水分子だけを通過させ、溶質の分子/原子レベルの大きさで存在する不純物イオンを分離して機外へ排出します。不純物の 種類にもよりますが概ね95%以上の高率で不純物を除去する事ができます。不純物をフィルター内に溜め込まないのも、高い除去率を長期間維持できる逆浸透 膜の特質です。逆にイオンレベルの有害物質を除去出来ない浄水方式は、砒素等の有害ミネラルイオンに対して対応出来ません。
逆浸透膜は米国政府が海水を淡水化する為に開発し、当時成長著しい日本を始めとしたアジアの国々にマネの出来ない商品を開発するべし、と言う国策として民間企業に巨額の資本投下をして商品開発されました。
そして現在では安全を確保出来る浄水器として米国、欧州、東南アジアの国々で使用され、日本でも離島の海水淡水化や自衛隊の海外での給水活動で逆浸透膜が活躍しています。清涼飲料水のラベルに見られる「純水使用」は原水に逆浸透膜浄水器を使用していると言うことです。
逆浸透膜は水分子と余り変わらない、あるいは水分子より小さい不純物をも除去する事が可能です。

詳しくはROの原理をご覧下さい。

qシステムの大きさはどのくらいですか?

a既存の浄水器と較べると確かに大きく、気になるところではないかと思います。
大まかに考えるとROシステム本体と貯水タンクでキッチン下の扉(巾約45cm)1枚分くらいのスペースが必要になります。逆浸透膜からしみ出すRO水の量は8リットル弱/時間ですので圧力タンク無しという訳にも行きません。
浄水器は蛇口に取り付けるタイプや、シンク下に付くタイプでもコンパクトに出来ていて邪魔にはなりません。それらの浄水器と比較すればRO浄水器はとても 大きいですね、水道水の嫌な味、臭気の改善程度が目的ならここまでのスペースを使う必要はないでしょう。でも、安全を求めて浄水器を選ぶならば除去性能で 選択すべきです。その確かな性能からスーパー店頭へ設置されたり、ボトルウォーターとして販売されています。逆浸透膜の孔一つからは24時間かけてもひと しずくのピュアウォーターしか出てこないと言われます。この様な繊細な行程を経て、95%以上の除去率を実現しています。逆浸透膜タイプは浄水器と言うよ りは浄水装置と言った方が良いかもしれません。確実な除去性能を確保する為には、必要な大きさと必要とお考え下さい。
どうしてもキッチン下にスペースを確保出来ない方や、賃貸住宅にお住まい等、お引っ越しの多い方にはカウンタートップタイプのAlps-CT-445がお勧めです。

q逆浸透膜浄水器に磁気や波動等のフィルター装備した商品はありますか?

aアルプスウォーターでは根拠や効果測定データ等が曖昧な商品はご提供しません

磁気活水器、アルカリイオン(還元水)整水器に公正取引委員会より排除命令が出ました。
平成17年12月に公正取引委員会から磁気活水器、アルカリ還元水の3社に排除命令が出されました。理由は「根拠の無い効能で自社製品を不当に高い性能を 持つように誤解を招く宣伝を行っていた」との事です。人の信じる気持ちは時に、その人本人の健康に寄与すると思いますが、弊社では根拠の無い疑似化学で利 益を得る考えはありません。
弊社にもフィルターメーカーの方が「磁気や波動セラミックフィルターを搭載しませんか。」と売り込みにいらっしゃいます。
メーカーの方が主張される効能(クラスターが小さくなる、アルカリになり還元性の高い水になる、マイナスイオンが発生する等)についての根拠となる原理や効果測定データの提出を求めても曖昧な返事を繰り返すばかりです。
原理が未解明でも確かな効果が公正な検査のもとに確認できれば、消費者の方も安心して求められる商品となる筈ですが。
弊社では根拠や効果測定データ等の曖昧な商品を採用する事は今後もありません。
メディアの言葉に踊らされてマイナスイオンブームの様に、その方が売れるからと不明確な商品を採用すれば先般の「にがり」のごとく、体に良いと言われたも のが、実は健康を害してました、となりかねません。ことに、皆さんの口に入り、人体の60~70%を占めると言われる水について安易に意味不明の商品を採 用する事は出来ません。

q水のクラスターは小さくなりますか?

aクラスターの大きさを計る技術は無いようです
クラスター(水の分子集団)が小さくなり体への吸収の良い水など、よく聞く宣伝文句ですが、クラスターの大きさを計る術は無いようです。一部の方がクラスターを計れると主張しているだけで、第三者が検証できる様な方法は確立されていないのです。
下記HPは化学研究者の方が浄水器産業についてのおかしな効能、宣伝文句について科学的かつ、分かり易くコメントされていますのでご参考にして下さい。
水商売ウォッチング (蛇口産業)

dotもしクラスターが小さくなるとしたら、水も沸騰点も100℃から大幅に下がらなければなりません
逆浸透膜を通過するとき確かにクラスターが小さくならなければ通過出来ないかもしれませんが、通り抜けたあとは、また瞬時にクラスターを形成する筈です。クラスターが小さくなったまま存在するとしたら以下の様な疑問が生じます。
例えば水分子一つの分子量を考えてみると、水素原子2つと酸素原子1つで分子量18ですから非常に軽量です。酸素分子は酸素原子2つで分子量32です。
これから考えると水は直ぐに蒸発して大気に混ざってしまいそうです。何故そうならないのでしょうか。その理由はいわゆるクラスター=分子集団を形成してい るからです。水分子同士が水素結合という力によって常に引き合い、くっつこうとしています。これによって少量の水は玉の形をとるのです。
軽量な水分子が100℃になるまでエネルギーを投入しなければ沸騰しないのは水素結合を切り離す為に大きなエネルギーが必要だと言うことです。もしクラスターの小さい水が存在すれば水の沸騰点も100℃から大幅に下がらなければなりません。
水の沸騰点を下げられる浄水器を見たことはありません。
東京都ホームページより「活水器」の表示に関する科学的視点からの検証について

dot純水で歯がボロボロ?
「純水で歯がボロボロになると聞いたのですが?」この様な問い合わせを頂きました。
人工的に純度を高めた純水はクラスターが異常に小さくなり歯のカルシウムを溶け出さしてしまうという主張の様です。前記の様にクラスターが小さくなることなどありません。
米国技術者にも話をしましたが案の定、失笑されてしまいました。もしその様な事例が1件でもあれば、米国では直ぐ訴訟ざたです。性能の低い浄水器を高額で 販売されている方が流布した事と想像が付きますが、問い合わせを頂いた方は長患いのご家族がいらっしゃるとの事、その様な方をターゲットに罪深い行為だと 憤りを感じます。時に日本人は水に信仰にすら近い感情を持ちます。これは山紫水明といわれ、豊かな水に恵まれながらも水を大切にしてきた日本人の心が現代 も残っているからではないでしょうか。
後世に残すべき美しい心情と思いますが、それを利用し商売とする方もいらっしゃると言うことでしょう。

qタンク不要のダイレクトフロー式逆浸透膜とはどんなシステムですか?

a高容量の逆浸透膜フィルターを3~4本並列に繋ぎ造水量を確保したものです。
ダイレクトクローとはタンクに貯めず、逆浸透膜で作ったピュアウォーターを直接蛇口から吐水するシステムです。造水量は1分間に 1~1.5リットル位で しょうか、水道蛇口の様にはいきませんがタンク無しでも何とか使用に耐える吐水量でしょう。貯水タンクが不要で満減水センサーや増圧ポンプも無く、装置は 単純になります。タンクは無いのですが、本体とプレフィルターセットを含めると通常のROシステムをあまり変わらない大きさとなってしまいます。逆浸透膜 フィルターの交換時には逆浸透膜フィルター4本分ですから高額な交換費用となってしまいます。一般のご家庭では負担が大きすぎると思いますし、飲食店等で も月々の平均的なコストで試算をしますから、逆浸透膜交換時の出費は大きな負担となるでしょう。
当社でもダイレクトフロー方式について研究しておりますが、現状では使用に耐える造水量を確保するにはシステムが大がかりになりすぎる様です。現在他社様 製品もストレス無く使用できるレベルには遠い様に思います。中業務用スペックの商品としてはダイレクトフローに近い造水量を確保し、タンクとの組み合わせ によりタイムロスを無くした商品でございます。詳しくは弊社にお問い合わせをお願い申し上げます。


q逆浸透膜の孔の大きさが0.0001とか0.0003ミクロンとかありますが除去性能が違うのですか?

a0.0001ミクロンとお客様に分かり易い様に表現していますが、電子顕微鏡で見ても孔の大きさを確認することは出来ません。
この様な分子原子レベルの大きさになると絶対零度で無い限り、熱振動をしていますので、その大きさを測ることは出来ません。これらの大 きさの表現は水分子 のみを通過させる特性から、水分子の大きさに近い数値で表現しているのでしょう。しかし実際には逆浸透膜は水分子より小さな不純物も除去してしまいます、 つまり単純にフィルターの孔の大きさだけでは説明ができないのです。逆浸透膜の膜分離メカニズムにはいくつかの説がありますが、それは結果からの仮説で す。

詳細内容につきましてはこちらを御覧下さい


q今まで見たことも無い浄水器を購入するのは不安なのですが?

a取り付け後、1ヶ月間はもし水の味が悪いというようなことがあれば、無料でキャンセルできますのでご安心下さい。

詳しくはお気軽に弊社西川までお尋ね下さい。
電話番号:1-800-714-7473
メールアドレス: info@alpswater.com
ご連絡をお待ち申し上げています。

また、弊社のオフィスがオレンジカウンティーにございますので、
お近くにいらした際にはお立ち寄り頂ければと思います。

1440 N Harbor Blvd #900, Fullerton, CA 92835


qどのくらいの人がアルプスウォーターの浄水器を利用しているのですか?

a法人様、顧客様のお客様を含め、全米で1,000以上の方がアルプスウォーターの浄水器をご利用して頂いています。
アメリカでは法人様、顧客様のお客様を含め1,000以上、
日本にある姉妹会社では法人様、顧客様のお客様を含め、全国で3万人以上の方が弊社の浄水器を利用しています。
レストランやホテル設置の浄水器を含めれば、それらの施設を利用されるお客様10~20万人の方が
安心出来るピュアウォーターを飲まれています。
アルプスの浄水器、ソフナーをご利用頂いていますレストラン、法人様の一覧が会社概要にございます。

是非、アルプスウォーターをご利用のお近くのレストランでご体感頂けましたらと思います。

お取引様一覧



q逆浸透膜式浄水器は廃棄水が出るので不経済ではないですか?

a弊社のシステム仕様ですとピュアウォーター1に対して廃棄水2~3ぐらいが標準的な設定です。
1リットルのピュアウォーターを得る為に2リットル以上の廃棄水を捨てる訳ですから、もったいない様な気もしますが、廃棄水は逆浸透膜を洗浄し、不純物をシステム外へ排出する重要な役目を持っています。
廃棄水の量を絞ってしまうとピュアウォーターの純度を下げてしまったり、逆浸透膜を目詰まりさせ、寿命を縮めてしまう事になります。他メーカーのユーザー 様で排水口に調節ネジがついていたために、もったいないと排水量を絞ってしまい逆浸透膜を目詰まりさせているケースをよく見かけます。
廃棄水はROシステムを長く良好な状態に保つ為にとても重要な役目を持っているのです。
水道水のコストは一般家庭で1000リットル当たり、1ドル位ではないでしょうか?ミネラルウォーター以上の純度のピュアウォーターを300リットル造る コストとしては高いものではないと思います。「水を大切にしなさい」と育てられた日本人のモラルの問題はあるでしょうが。
一方、逆浸透膜浄水器を使用した宅配のボトルウォーター1リットル当たりのコストは2ドル位にもなります。それから較べると逆浸透膜浄水器の導入により大 きなコストメリットが有ることをお判り頂けることでしょう。廃棄水の出ない浄水器の水は商品となりませんが、逆浸透膜浄水器のピュアウォーターはボトル ウォーター、宅配などで販売され、食品工場での原水、希釈水として利用されています。


qメンテナンス費用やフィルター代金等のランニングコストが高額と聞きますが?

aROシステムの基本メンテナンス料金は3本のフィルター交換で$113です。他の浄水器と較べても高額ではありません。

メンテナンス内容は下記の通りです。
01プレフィルター2本(Alps-6100UVは3本のフィルター)とポストカーボンフィルターの交換。
(プレフィルターは水中の荒ゴミを除去し塩素を除去して逆浸透膜を守る事が目的です。)
02タンク消毒、空気圧調整。
03システムチェック
04逆浸透膜フィルターのフラッシング
(1年間使用した逆浸透膜に付着した不純物を飛ばしてフィルターの状態を改善します。)

逆浸透膜フィルターの交換はTDSメーター数値により判断します。

例えば原水が100ppmだとすると95%除去で5ppmまたは10ppm位が目安です。この数値が1年間使用すると15~20ppmと上がってし まう事 があります。メンテナンス時のフィルターのフラッシングをして数値が改善すればまた1年ご使用頂きます。20~30ppmとなりフラッシングをしても数値 が改善しない場合は逆浸透膜を交換します。その場合は基本メンテナンス料金に加え、逆浸透膜フィルター (約100ドル+tax)別途必要になります。フィルターは徐々に傷むものですからTDSメーター等で御自分で水質管理される方を除き、劣化の度合いを感 覚的に捕まえる事は非常に難しい事です。良好な水質状態で長くご利用頂く為に、年に1度の定期メンテナンスをお勧めします。

メンテナンスの概要


q浄水器購入代金の支払いにはどの様な方法があるのですか?

a弊社では次のお支払方法をお受付させて頂いています。

クレジットカード(Visa, Master, Discover, Amex)
パーソナルチェック
マネーオーダー
現金

上記のお支払方法がご利用可能でございます。



q他方式の浄水器メーカーの宣伝が招く逆浸透膜浄水器への誤解!?

a逆浸透膜浄水器はミネラルまで除去してしまうので体に良くない等のコメントを目にしますが。。
水中の無機ミネラルは量的にも少なく体内への吸収効率も悪いものです。ミネラルは食事から充分補給出来るもので、水からの補給に 頼るのは間違いです。日本の水はミネラル濃度の低い軟水ですが、川の上流域にお住いの方は更にミネラルの少ない水を飲んでいます。上流域=田舎の方がミネ ラル欠乏症なると言う話はないでしょう。またミネラルの含有は水の味を変えますが、水本来の味とはミネラルの無いピュアウォーターの味ではないでしょう か。ピュアウォーターの味について、お客様の評判は非常に良いのですが、味は好みがありますので実際に試してみるのが良いでしょう。薬局では赤ちゃんの粉 ミルク用の水としてピュアウォーターが販売されていますし、弊社の無料デモ機貸し出しをお申し込みになるのも宜しいでしょう。水の味は温度に左右される事 もお忘れ無く、冷たい水は美味しく感じるのです。
水中の無機ミネラルの必要性についての詳細は『ミネラルがなければダメ?』を御覧頂ければと存じます。

先の様なコメントを記載しているのは当然ながら逆浸透膜式ではありません
方式としては活性炭主体でゴミ取りフィルターとして不織り布やセラミックフィルターを使用した浄水器です。セラミック採用の浄水器には「セラミックが自然 の本来の水に戻す」等、ものスゴイ事を宣伝しているメーカーもあります、まるで魔法の世界ですね。これらの浄水器はミネラルの形で存在する砒素、カドミウ ム、水銀あるいは硝酸性窒素などに有効な除去性能は持ちません。ここで「有効な除去性能」としているのは活性炭は初期通水時において様々な有害物質に除去 性能を示す物質であるからです。消費者の方にはここでご注意頂きたいのですが、「除去出来ます。」と「安全な水に出来ます」は同義ではないと言う事です。 例えば危険とされる物質が100ある内20しか除去出来なくても、あるいは80%以上の除去率を示す通水量が非常に少ない量でも「除去出来ます。」は嘘で はないと言う事です。この様に宣伝して行くと活性炭は誠に便利なフィルターで様々な不純物を吸着しますから様々な有害物質について「除去性能を示しまし た!」という結果を載せる事が出来ます。でも、よく見て下さい、元の原水に何ppmの有害物質があって、それが浄水器を使う事で何ppmに下がったか記載 されていますか?それは第三者機関の監視の元に行われた試験ですか?ただ試料水を持ち込んで分析を依頼しただけではないですか?一般的に活性炭の遊離残留 塩素除去の持続水量に比較し溶解性鉛除去の持続水量は1/4程度の水量しかありません。臭いや味が落ちていないから、まだフィルター交換しなくてもと考え るのは早計です。これは有害物質についての活性炭の働きが吸着であるのに対し、遊離残留塩素は炭素との反応による塩素イオンへの改質だからです。活性炭は 遊離残留塩素を吸収しているのでは無く、刺激性のない塩素イオンに改質して浄水の中に流しているのです。

10~30万円以上で販売されている逆浸透膜式以外の高級浄水器は殆どが活性炭を主体としたシステムです。高値で販売する為に様々な説明や宣伝文句 を並べ ますが、慎重にその文章を読むと根拠やデータが非常に曖昧であることが判ります。活性炭主体の高級浄水器は一流メーカーの5000円程度の簡易浄水器(中 空糸+活性炭)と性能差があるのでしょうか?確かにフィルターの容量は大きいと思いますが、浄水器本体はただの通水ケースであり、フィルターも非常に単純 な構造です。逆浸透膜浄水器の様な高性能浄水器が普及し始めている中、この様な単純な浄水器をいまだ多くの業者が高額で販売しているのは、そこに大きな利 益と、単純な構造故に故障もなく販売しやすい商品であると言う理由があるからではないでしょうか。楽して儲かる!?その既得権益を手放したくない為、世界 のスタンダード浄水器となっている逆浸透膜式浄水器を貶め、自社製品をアピールしたいのだと推測します。インターネットの普及した現在に於いて、商品の価 値は企業が設定するものではなく消費者の方が決める時代です。様々な情報の中、弊社ホームページが科学的、論理的にご検討頂く助けになれば幸甚に存じま す。

浄水器タイプ別性能比較表をご覧下さい。


q逆浸透膜では他の浄水タイプと比べてどれくらい汚染物質を除去することができますか?

a他の浄水方式との違いは:
他の浄水方式との違いはイオンレベルの大きさで存在している溶解性(浮遊しているのではなく、完全に水に溶けている物質)を95%以上の高率で分離除去出 来る所にあります。溶解性鉛など、特定の物質について除去性能を示す他の浄水方式もありますが、砒素、マンガン、硝酸等オールマイティに対応する事はでき ません。

日本国内の第三者機関で除去性能試験を行っておりますのでどうぞ御覧下さい。

浄水器方式の選択はお客様がどのレベルの水を求めているかによります。「水道水は安全である」という前提に立って、「嫌な味や臭いを改善する」、「遊離残留塩素を無毒化する」事が目的でしたらホームセンター等で購入できる簡易型の浄水器で充分でしょう。

その先のレベルで「有害ミネラルの除去」や「硝酸性窒素の除去」、「千種類以上と言われる環境ホルモンへの対応」と考えられるお客様へは現在最良の処方箋は逆浸透膜方式であると考えます。

浄水器タイプ別性能比較表をご覧下さい。


q逆浸透膜と他のフィルターの一番の違いは?

a浄水器は有害物質を除去して安全で美味しい水を飲む事が目的です。
除去能力の差が一番の違いでしょう。簡単に表現すればフィルターの孔の大きさが中空糸、セラミック等の0.1ミクロンに比較して逆浸透膜の超微細孔は1000分の1位の大きさで表現されます。

dot浄水器は有害物質を除去して安全で美味しい水を飲む事が目的です。

浄水器の宣伝文句は「安全で美味しい水を作ります。」が常套句ですが、「水道水以外は使用しないで下さい。」と多くの浄水器に書かれています。これでは浄水器が安全な水を作っているのではなく、安全の部分は水道行政に委ねていると言うことですね。

トリハロメタンや鉛など対応出来る有害物質に対しては除去性能を宣伝しますが、有害物質はそれだけなのでしょうか?日本の水質基準項目は50項目しかありません、それに比して米国の水質基準項目は200以上あります。監視している50項目の範囲についての安全です。

dot浄水器メーカーの方に是非、こんな質問をしてみて下さい

浄水器の性能について様々な宣伝文句に迷ってしまわれたら、浄水器メーカーの方に是非、こんな質問をしてみて下さい

「砒素と硝酸性窒素が水道基準値をオーバーしている井戸なのですが、飲めるように出来ますか?」

と「はい、95%以上除去出来ます!」と答えるメーカーは逆浸透膜式浄水器です。

有害物質が含まれている水に対応出来ない浄水器は本当に安全な水を造れるのでしょうか?

dotフィルターが95%の高い除去率を長期間(3~4年)持続

もう一つ他方式と逆浸透膜式の大きな違いを付け加えるなら、逆浸透膜式は不純物を分離し、廃棄水として器外へ排出している点です。フィルターに不純 物を溜 め込む他の方式と違い、逆浸透膜フィルターが95%と言った高い除去率を長期間(3~4年)持続するのはこの様に、不純物を器外へ排出すると同時にフィル ター表面を廃棄水が洗浄しているからです。

浄水器タイプ別性能比較表をご覧下さい。


q浄水する時の水の切り替えや、電源のON/OFF等、操作は面倒ではないですか?

aアルプスウォーターのROシステムは全て自動運転です。

基本的にお客様が操作する部分は浄水の蛇口だけです。通常の取付形態では常時システムに給水可能の状態となるよう給水分岐をしますので、システム運転時に水の切り替えをする必要はありません。また既存の蛇口の使用状態を制限する事もありません。

Alps-CT-445は5リットル、アンダーシンクタイプは60リットルの貯水タンクが装備されています。2~3リットル使用すると自動運転を開始し、常に満水になるよう運転します。

とっても手間いらずのROシステムですが一つだけお願いがあります。

それはたくさんの浄水を使って頂きたいのです。普通のフィルターはゴミを溜め込み一杯になると交換しますが、逆浸透膜フィルターは浄水と廃棄水に分 け廃棄 水がフィルターを洗浄しながら不純物をシステム外へ排出します。廃棄水がフィルター内に長時間滞留すると廃棄水中の不純物がフィルター表面に付着し除去性 能を落としてしまいます。毎日たくさんの量を使うお客様の方が、定期メンテナンス時の水質状態も良好で逆浸透膜フィルターも長持ちしています。どうぞ、お 米を研いで捨てる水から存分にお使い下さい。


q活水器、整水器と浄水器はどう違うのですか?

a活水器、整水器と浄水器の違いは:

活水器、整水器は水に電気や磁気を使い、また別の物質を溶かして水を活水する、機能をもたせる、還元性の高いアルカリイオン水とする等が目的です。 それら の水を飲むことによって健康を増進する、水、料理が美味しくなる等が販売メーカー主張です。それらの効能の中にはオカルト?まがいのものもあります。平成 17年12月には不当な効能表示として公正取引委員会から排除命令が出たメーカーもあります(磁気活水器、アルカリ還元水 3社へ対して)。下記HPは化 学研究者の方が浄水器産業についてのおかしな効能、宣伝文句について科学的かつ、分かり易くコメントされていますのでご参考にして下さい。

水商売ウォッチング (蛇口産業)

一方、浄水器は水の中に含まれる不純物を除去して水を浄化する事が目的です。

浄水器にも色々な種類があります。例えば水道水の嫌な臭いや塩素を除去するだけでしたら、活性炭+中空糸膜、セラミック等でも充分でしょうし、浮遊している様な大きなサイズの不純物を除去するだけでも健康上意味のあることだと考えます。

しかし多くの方がこの様な簡易的な浄水器を使用していても安全性の不安からペットボトルの水を購入しています。浄水方式別の比較表を下記に記します。

浄水器性能比較

浄水器を御検討される場合、どの位のレベルの水を求めるのかに依って浄水方式が変わります。

安全性の高い水を求めるならコストパフォーマンスも考え合わせ、現時点では逆浸透膜式以上の浄水方式はないでしょう。浄水器の性能は測定できます。

原水にどの位の不純物が含まれていて、浄水器を通した後の浄化水に不純物がどの位残っているのか、全て数値で表現出来なければなりません。

「パーフェクトレベルの除去」とか「有害物質を除去してミネラルはそのまま」(ミネラル単位で存在するカドミウム、水銀等は除去出来ないと言うこと で す。)明らかにサイズの大きな特定の不純物(細菌類等)についてだけ100%近い除去性能を謳ったりと、言葉による装飾は浄水器の性能について何の意味も 持ちません。

日本 国内の検査機関に弊社ROシステムを持ち込んで除去性能試験を行った試験データを下記に記します。

逆浸透膜日本国内試験データ


q大腸菌が検出された井戸水にも対応できますか?

aAlps-6100UV(紫外線フィルター装備)をお勧めします

dot大腸菌が検出された井戸水にも対応できますが、対応可能ですがご注意頂きたい点もあります。

大前提として逆浸透膜浄水器は造水速度が遅いので、逆浸透膜浄水器でまかなえるのは、ご家族がお口にいれる水(飲料水、調理水、洗米の水等)だけです。

家中の水を浄化する事は不可能です。逆浸透膜は大腸菌等の菌類はサイズ的に通しません。しかし浄水器の蛇口以外からは大腸菌が出ている事になります。

dotAlps-6100UV(紫外線フィルター装備)をお勧めします

流し台の食器洗いの水から飛んだ飛沫が浄水器の蛇口を逆に伝ってシステム内を汚染してしまう事も考えられます。この様なケースにはAlps- 6100UV(紫外線フィルター装備)をお勧めします。紫外線フィルターは蛇口から入り込む菌類に対応する。また長期間に使用による逆浸透膜の劣化による ピンホールから万一通り抜けてしまった菌類に対応する場合の2通りの意味があります。

しかし、洗面所で歯磨きをする時の水、シャワーやお風呂の水も大腸菌に汚染されている訳ですから、セオリーとしては井戸ポンプに併設して滅菌器を設置して家全体の水を殺菌し、硝酸や砒素といった汚染物質については逆浸透膜浄水器で除去するというのが宜しいと思います。

Alps-6100UV


qフッ化物が井戸水から検出されました、除去出来ますか?

a約90%の割合で除去可能です
当社の除去性能試験の項目にはありませんが実際にフッ化物が基準値を超えて検出された井戸をお持ちのお客様に納品しております。

設置後の計量検査からの推定除去率は92%位でした(ここで推定としているのは設置後浄水の検査時に原水の検査を行っていないため)。

米国加州のデータシートには平均除去率91.4%とあります。他の物質に較べて除去率が低いのは原水のPHにより除去率が変動する性質がある様です。


 


qフィルターの交換頻度はどのくらいですか?

aアルプスでは1年に1回、1st~3rdのプレフィルターを交換しています。

メーカによって違いますが、弊社では1年毎に1st~3rdのプレフィルターを交換します。

フィルターの交換の頻度は水質、具体的には水中の不純物の量と水の使用量に依存します。

015ミクロンセディメントフィルター、02高性能活性炭フィルター 、04ポストカーボン(活性炭)フィルターは1年に1回交換、逆浸透膜は通常3~5年が交換サイクルとなりますが、あくまでも除去性能を計測して交換時期を判断します。

同じ逆浸透膜浄水機でも、メーカーに依っては「浄水が出来なくなったらフィルター交換をすればよい。」「4年間フィルター交換不要。」など乱暴な セールス トークを耳にする事もありますが、当社の常識で考えられません。水ができていても水質が劣化しているケースもあります。逆浸透膜浄水機は定期的なメンテナ ンスを必要とする商品です。
詳しくはメンテナンスの概要を御覧下さい。

Alps-445を例にとるとフィルターは4段階で構成されています。

015ミクロン・セディメントフィルター

02高性能活性炭フィルター

03逆浸透膜フィルター(米国フィルムテック製)

04ポストカーボン(活性炭)フィルター

0102のプレフィルターの交換を怠ると、目詰まりで造水速度の低下を起こしたり、除去しきれなかった遊離残留塩素によって逆浸透膜の表面が溶けてしまう場合があります。

TDSメーターの数値が悪くならないからとプレフィルターを耐用期間以上使用するのはおやめ下さい。プレフィルターは心臓部の逆浸透膜フィルターを 守る為 に装備されていますので、プレフィルターの能力低下から逆浸透膜を劣化させてしまう恐れがあります。適正な状態で使用すれば逆浸透膜は長く使用出来るので すから。

フィルターを含めたメンテナンスコストも他の浄水方式に較べ、決して高くありません。

詳しくはフィルター詳細をご覧下さい。


qフィルターは自分で簡単に交換できますか?

a簡単ですが、ねじ込み式のフィルターハウジングを開けるのは、かなり力が必要です。

専用のレンチ(工具)がありますが女性の力で開けるのは難しいかもしれ ません。慣れないと水が吹き出したりしますが、難しい作業ではありません。DIY等こなされる方ならご自身でメンテナンスを行うのも節約になりますし、浄 水器に愛着もわいていいかもしれません。

御自分でメンテナンスをされる方にはメンブレンフィルターの交換時期を判断するためのTDSメーター、便利な備品も販売していますので、ご用命下さい。年に1度のフィルター交換時に逆浸透膜フィルターのフラッシング、タンクの消毒等併せて行えればベストです。

メンテナンスの概要

また疑問点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


qフィルターやシステムの補修部品等の長期的は供給は大丈夫ですか?

aご安心くださいませ。フィルターやシステムの補修部品等の長期的な確保に万全を期しています。

昨今の不景気の中、大企業と言えども、その存続が不安視されています。ましてや当社はと御心配されるお客様もあろうかと思います。

当社としましてはメンテナンスや供給体制を維持して行く為、一企業として最大の努力をして行く所存であります。

またROシステムのフィルター、部品につきましては米国を初めとした国際スタンダードの部品ですので、フィルターハウジングの形状や各種パーツについてほとんどのメーカーが同じ物を使用しています
(メーカーに依っては他社のフィルターが入らない様、特殊な形状のものを使用しているケースも見られます。価格設定の高いメーカーはこの様な傾向が顕著です。)。

他社が販売しているROシステムは外見的には様々な形状のものがありますが、極端に言うと似たようなフィルター構成、パーツを使用したシステムに企業独自の箱を被せたものが多く、その部品は互換性を持ちます。

つまり世界からROシステムが消滅しない限りはフィルター、部品の入手は可能です。

御自分でメンテナンスをされる方は、その性能/製造メーカーが同じであれば単純にコスト比較でフィルター等の部品を入手されれば良いと考えます。長くご利用になる商品ですのでフィルターの互換性も選択のポイントになるでしょう。

当社のフィルター類の価格は他社と比較されても安価な方だと思います。


q浄水器は欲しいのですがフィルター交換が面倒くさいのですが。。

aお客様ご自身でメンテナンスされる方を除き、アルプスウォーターでは1年に一度、定期メンテナンスに伺います。

今までのような面倒くさいフィルター交換の 必要はございません。
また次のメンテナンスまで安心してご利用頂けるよう浄水器内の洗浄、消毒、システムチェックを同時に行います、
どうぞご安心してお任せ下さい。
ご購入後メンテナンス予定日の2~3週間前に葉書でご連絡いたします。
アルプスウォーターではお客様一台一台のファイルを作成し、
1年毎の浄水 器の除去率等運転状況を記録しております。


q浄水器システムの耐用年数はどのくらいですか?

a使用頻度にもよりますが常温タイプの逆浸透膜浄水器で10年を想定しております。

もちろん万一の故障時には修理/部品交換により長くご利用頂けます。
製造中止後も7年間は補修部品を保管しています。
アルプスウォーターの製品は出来る限り汎用性の高い部品やフィルターを採用する様、努めております。
長く使われる形状は信頼性が高い事、また今後の部品供給の継続性も高いと考えているからです。


 


qミネラルまで除去してしまうRO浄水器は体に悪いと聞いたのですが?

a体に必要なカルシウム、マグネシウムだけでなく人体に有害な鉛、砒素、マンガン、カドミウム等もまたミ ネラルです

ミネラルは体に良い物というイメージがありますが、体に必要なカルシウム、マグネシウムだけでなく人体に有害な鉛、砒素、マンガン、カドミウム等も またミ ネラルです。では水道水に含まれるミネラルってなんなのでしょうか?雲の中に貯えられている水は蒸留されていますので非常に純度の高い水です。この水が山 に雪として降り積もり雪解け水となり河川の源流水となります。源流域に近い水はミネラルの含有率は非常に低い状態です。湧き水と違い、河川など表層水のミ ネラル濃度は上流域に於いて非常に低い、軟水の水となります。それが河川の下流域つまり都市部に行くとミネラルの量は増えて行きます。このミネラル増加の 原因となるのは主に上流域の下水です。あまり体に入れたくないミネラルですね。

ミネラルウォーターには良いイメージのカルシウムやマグネシウムの成分表示はしても悪いイメージのあるミネラルは当然表示しません。原子レベルの大きさで存在するミネラルをその有害性で区別して選択的に除去するのは不可能です。詳細と弊社の見解を下記に記します。

ミネラルがなければだめ?

また「純水は浸透力が強すぎて体に悪い、飲めばたちどころに下痢をしてしまい、体をこわしてしまう。」「浸透力が強すぎて赤血球を破壊してしまう。」「純水で歯がボロボロになる」と言った俗説もまことしやかに流布されています。

そんな水が商品として販売出来る訳がありません!

また、有害ミネラルを除去する事が出来ない浄水器メーカーが、ミネラルの無い水は体に良くないと喧伝したり、逆浸透膜のピュアウォーターは不味い水 と著名 人まで担ぎ出してPRしているケースも目にします。それだけ日本での浄水器のマーケットが大きく、逆浸透膜を貶めてでも既得権を守ろうと躍起になっている と言う事でしょう。現在では薬局で粉ミルク用の水としてピュアウォーターが販売されていますから美味しいか不味いのか直ぐに判断がつくでしょう。

海外に目を向ければ非常にスタンダードな浄水方式です。有害ミネラルを除去出来ない浄水器メーカーの浄水器の水は商品となり得ませんが、RO浄水器を利用したピュアウォーターは米国、東南アジアの国々でボトル詰めされ店頭で販売されています。

日本でも清涼飲料水の原水に使用されたり、身近なところではスーパーの店頭に設置された浄水機の水の無料配布が人気を博していますが、大手スーパーが選択する浄水方式は科学的なデータに裏付けされたRO逆浸透膜式浄水機のピュアウォーターです。

万が一にも健康被害を起こす様な水であれば、この様に使われる事もありませんし、何より安全基準の厳しい米国で1件でも健康被害があれば少なくとも 注意書 きが添えられるでしょう。「ピュアウォーターの飲み過ぎはあなたの健康を害する事があります。」と、もちろん弊社のROシステムにはその様な注意書きはあ りません。

詳しくはミネラルの話をご覧下さい。


qミネラルウォーターが安全なので、いいのでは?

aミネラルウォーターの汚染がないという保証はありません

欧州の有名なミネラルウォーターの様に水源の山ごと人を立ち入らせない様に管理しているのと違い、国産の場合は住宅地の直ぐ脇で地下水を汲み上げて いる ケースもあります。ミネラルウォーターのCMを見ると山深い清流の様なイメージを持ちますが、実際にはトラックが入れる道路のある所に工場を建て、地下水 を汲み上げているケースが多いでしょう。大手メーカーの製品でも自然の生態系のバランス以上に屎尿や肥料が土壌に浸透している事を示す、硝酸性窒素が含ま れているものがあります。

またボトリング段階での衛生管理のずさんさから一般細菌が基準値を大幅に超えて検出された事件もまだ記憶に新しい所です。

安全性を比較した場合は、原水の程度、品質の安全性に不安のあるミネラルウォーターよりは水道水を逆浸透膜で浄化した水の方が安全ではないでしょうか。

経済的にもミネラルウォーターの価格の大部分はペットボトル代と輸送費で価格を大幅に下げることが出来ません。

ご家族の体に入る水を全てミネラルウォーターに換える事はコスト的にも現実的ではありません。

飲料水やお茶、コーヒーだけに限定して使用するのであれば、安全の面からは不完全だと思います。


q塩素が除去されてしまった純水は細菌などに汚染されませんか?

aこれはRO水に限らず消毒用の塩素が入っていないミネラルウォーターや他の浄水器の水も同じ事なのです

これはRO水に限らず消毒用の塩素が入っていないミネラルウォーターや他の浄水器の水も同じ事なのですが、バクテリアを殺す力はありません。人間に 優しい 水は同時に他の生物にとっても優しいと言えるでしょう。但し、RO水の中にはバクテリアの餌となる栄養分も存在しませんので、万一浄水蛇口から細菌が侵入 しても一般の浄水器の様に内部でバクテリアが大量に繁殖する事は出来ません。

しかし大気に暴露した状態で長時間、放置しておくのは危険です。

通常は密閉された圧力タンクの中に保管されていますが、飲料用のピッチャー等に汲み置きする場合は冷蔵し、2~3日を目安に使い切って下さい。

システムへのバクテリアの進入経路としては浄水蛇口から逆流して汚染される可能性があります。少なくとも蛇口の吐水管に溜まる浄水は空気にふれてい ますか ら必ずバクテリアも入ってくるでしょう。弊社取扱説明書に朝一番の浄水は10秒以上捨てて下さいと記載しているのは、吐水管を洗浄して頂くためです。

またタンク内の温度が上昇する夏場などに旅行で1週間以上、使用しなかった場合はタンクの水を一度捨ててから御使用頂くように取扱説明書に記載しています。

細菌は大気中に浮遊し人間の皮膚1平方cmに2万個以上の菌類がいるとも言われています。ヨーグルト、納豆等、食品にも多く利用されています。大腸菌の様に病原性を持つ菌類が存在する事は問題ですが、人間の生活は菌類との共存と言っても過言ではないでしょう。

浄水器内に長く水が滞留すればそれだけ菌類の汚染拡大のチャンスを与える事になります。また塩素等の消毒剤を入れない限り完全な無菌状態を保つ事は 不可能 です。紫外線殺菌フィルター付きの商品もありますが、菌類の検出された井戸水等でなければ、完全に菌類の存在しない水質を維持する為にコストを掛けるよ り、適正量を使用して浄水器内部の水の鮮度を保つ事が最良の処方箋です。

当社のメンテナンスでは1年に1回タンクの消毒を行い初期状態に戻します。

また、より安全を期するお客様には紫外線フィルターを装備したAlps-6100UVがお勧めです。


qROの純水にミネラルフィルター等でミネラルを添加した方がよいのではないですか?

a硬度の高いミネラルウォーターを飲み慣れた方やミネラル分の強い井戸水に慣れた方などに希にRO水に物足りなさを感じる方もいらっしゃいます。

ミネラルは 水の味を変えますのでミネラルの含まれたお水を美味しいと感じる方なら有益と考えますが、栄養補給の面で考えるなら、必要とするミネラルのサプリメントを 摂取した方が効果的でしょう。水中に含まれる無機ミネラルの吸収率はとても低いものです。ミネラル濃度の高いコントレックスなどで便通が良くなるのは体が 早く外に出そうとして軽い下痢の状態になっているからです。

ミネラルフィルターも選択肢の一つですが、短時間の水との接触で期待する程のミネラル量が水中に溶け出すのかは疑問の残る処です。

ミネラルの話の中で無機ミネラル、有機ミネラルの事に触れていますが少し補足をしておきます。

ドラッグストアで販売されているサプリメントのミネラルは金属を細かくした粉が入っている訳ではありません。人体に無害なイースト菌などに一度食べさせて有機ミネラルに変え、人体に吸収しやすくしているのです。

詳しくはミネラルの話をご覧下さい。

日本の水は基本的に源流に近くなればなるほど、柔らかい軟水の水です。山の清水が甘く感じるのは、上流域の下水による僅かな塩辛さが残る水道水を飲み慣れた舌が、不純物が少なく塩辛さの無い軟水を甘いと感じるのです。

水源を遡り、栃木県の北部に行けばTDSメーターの数値は水道水でも30~50ppm位しか計測しません。これが東京に来ると 100~150ppm、私ど もの本社の千葉市で200ppmと河を下り河口に近くなるほど上昇し、利根川河口付近の銚子市では300ppmに近くなります。この数値はミネラルと言っ てよいものですが、その由来を考えれば上流域のお住いの方が流した下水の屎尿、工場廃水などが主でしょう。有害無害を問わずミネラル単位の不純物を除去出 来ない浄水器メーカーは「有害物質だけを除去して体に必要なミネラルはそのまま!」と宣伝していますが、そのミネラル、本当に必要ですか?


qRO浄水器システムのピュアウォーターにはどんな効果・効能がありますか?

aRO浄水器のお水は殆どの不純物を取り除いた超軟水と言える水です。

きれいなお水を使えばお茶も料理も美味しくなりますが、これも感覚 的なもので万人に対して絶対的な効果とは言えないでしょう、好みもありますし。ただ、日本の水は基本的に源流に近くなるほど軟水です。原流域の水や山から 湧き出る清水が美味しい水ならば、ピュアウォーターも美味しい水です。

良く「アトピーはなおりますか?」といったご質問もお受けします。私どもは基本的に水中に含まれる不純物が健康を害す事はあっても、水が病気を治す 事は無 いと考えています。もし本当に病気を治す浄水器が存在したら、1000万円でも購入しようとする人が後をたたないでしょう。そうならないのは実際にはその 様な病気を治す浄水器など存在しないのではと考えます。実際に患っている方にとっては切実な問題ですし、そこにつけ込む悪質業者には非常に憤りを感じます が、どうか冷静にご判断下さい。

ただ、もし飲料水に含まれる何らかの物質が健康を害している状態にあるとしたら、その原因物質の大部分を取り除く事はできます。

人間が生きて行く上で有害物質が体内に入る原因として水、食物、空気があります。人間の体の約2/3を占め、常に栄養を溶かして運び、老廃物を捨て る為に 入れ替わってゆく水。この水から大部分の有害物質を取り去る事が出来れば、有害物質の摂取量は大きく削減出来るはずです。

 


q逆浸透膜の水は酸性だと聞きましたが、本当ですか?

a逆浸透膜の水は原水よりも0.5~0.8位ペーハーが酸性に傾きます

これは原水中の炭酸カルシウム等は排出され、炭酸ガスが逆浸透膜を通過する為に起こるものです。

海外においては陳腐化した説ですが、日本ではアルカリ性は体に良い、酸性は悪いといった俗説がさかんに流布されていますので気になるところかもしれ ませ ん。酸性と言っても舌に感じる程ではありませんし、人体体液のペーハーはPH7.4±0.5に固定されていて酸性やアルカリ性の水を口に入れる事で変動す るものではありません。これは呼吸と排尿により常に調節されているからです。

dot人体体液のペーハーは若干の酸性やアルカリ性の水を口に入れる事で変動するものではありません

人体のPH調整は主に呼吸と排尿によって保たれています。これが変動する様な状態は病気の状態と言えます。さすがに昨今では「アルカリ水を飲んで健 康にな りましょう。」と言った非科学的な宣伝は聞かなくなりました。アルカリ水が強酸の胃液を薄めて腸まで届き人体のPHを調整してしまう様な水だとしたら人体 にとって有害な水となってしまいます。「アルカリ水に付けた釘は錆びない=人体を活性酸素から守る」も物性と人体を混同してしまうなど、ずいぶんと飛躍し すぎた発想の様に感じます。胃液はPH2の強酸です。アルカリイオン水も最近では還元水と言葉を換えていますがアルカリ性を示す薄いカルシウム水という実 体には変わりがないでしょう。還元性の高い水が体内に浸透して活性酸素を除去する、という主張ですが強酸の胃液をくぐり抜けて体内に到達するのは容易では 無いと想像がつきます。それを到達させる還元水を造れる整水器なら30万円しても充分な価値があると主張されるのですが、冷静に判断したいところです。

逆浸透膜の水に釘を入れるとどうなるか?実は普通の水道水、井戸水より錆びにくいのです。これは錆びのメカニズムの一つの電触現象が起こりにくいか らで す。重金属等の不純物が存在しない逆浸透膜のピュアウォーターは釘に鉄以外の金属が付着して起こる、電触による錆びが発生しにくいので、釘は錆びにくいの です。

ですが、弊社ではこれをもって人体を酸化させにくい等と主張するつもりは一切ありません。


qヨウ素131、セシウム137の除去は逆浸透浄水器で可能ですか?

aはい、EPAはこれらを除去する方法としてイオン交換樹脂あるいは逆浸透浄水器が有効であると発表しています。

EPAサイト
http://water.epa.gov/drink/contaminants/basicinformation/radionuclides.cfm

逆 浸透膜の孔の大きさは約0.0005-micron,水の分子の大きさは0.0003-micron ですので水は通過できますが、iodine(ヨウ素)とcesium の大きさは0.01-100-micronと考えられ通過できず排水されることになります。また活性炭フィルターにもある程度の軽減機能があると考えられ ています。

当社は卓上型CT-445にポンプを付けた日本仕様CT-445P 100Vを用意しています。($625.00)

日本での取り付けにはお客様自身で取り付け業者を探していただくことが必要です。

日本の蛇口の規格は各社ばらばらで統一されておらず、複雑なアダプターが必要になることがあります。また、現在日本の業者は電話が鳴りっぱなしで対応に追われており、多くは在庫切れとなっているようです。

当社はご注文から約2日でCT-445Pを用意でき、当社から日本への発送も可能です。

FEDEXにて発送し、Trucking #を差し上げます。 発送後のFEDEXとの交渉はお客様自身にてお願いします。 必ず保険に加入する事をお勧めします。

被災地への発送はお客様の確認の上で可能であればとなり、当社は責任を持てません。

場所によっては配送不可能あるいは拒否されると伝えられています。

(現在、日本への送料は高騰が続いており、時価となります。)

アメリカ基準のアダプターが付いておりますが、前もってこのアダプターキットを送り、取り付け可能であれば本体を送ることもできます。この場合、アダプターキットは$19で送料は時価ですが取り付け不可でも返金はできません。ご希望の方は info@alpswater.com までメールにてご連絡ください。

CT-445P 100Vについては販売1台に付き、$20を災害救援基金に寄付させていただきます

日本向けCT-4100PDに関しまして


 


q宅配水のピュアウォーターは逆浸透膜浄水器で造られていると聞いたのですが?

aほとんどの宅配水は逆浸透膜浄水機を使用して造られたピュアウォーターです。

大きなプラスチックのボトルに水を詰めた宅配が、企業の事業所だけでなく、一般家庭にも浸透してきています。この水はどういったものなのでしょう か。中に はミネラルウォーターを汲んで運んでいるケースもありますが、大部分は逆浸透膜浄水機を使用して造られたピュアウォーターです。大きなピュアウォーターボ トルを満載したトラックが住宅地を巡回する光景をアメリカではよく見かけます。

ある商品にはミネラルウォーターに対抗するためピュアウォーターにミネラルを添加し付加価値を付けている商品もありますが基本的には逆浸透膜浄水機 で造ら れた水です。中には外国の国の名前をつけて○○○ウォーターと言った商品もあります。わざわざ外国のミネラルウォーターを逆浸透膜浄水機にかけてボトリン グしたものを輸入している様です。95%以上の不純物を除去してしまう逆浸透膜浄水機にかかれば、どんな水が原水であろうと殆ど同一のピュアウォーターに してしまうのにと思いますが、商品販売にはイメージも大切と言うことでしょう。

いずれにしてもこれらのボトルウォーターの宅配は1リットル当たり2ドル位と非常に高額です。安全上の観点から調理水まで利用すれば月々のコストは 軽く 50ドルを超えてしまうでしょう。宅配水を利用されている方が逆浸透膜浄水機に切り替えない理由に思い至る事が出来ません。

宅配水からの切り替えをご検討のお客様には弊社のROがお勧めです。


 


q逆浸透膜式ではなくても砒素、水銀など除去データを記載している浄水器がありますが?

a今一度、その除去データの詳細を確認された方が賢明だと思います。

原水に何ppm(若しくはmg)/㍑の不純物が含まれ、浄水器を通した水に何ppmの不純物が残ったかがきちんと記載されていますか?

有害物質と検査機関名だけで数値は無かったり、浄化後の水の数値だけ記載して原水の数値記載の無いものが多く見受けられます。この様なデータでは何も判断出来ません。

例えば活性炭の除去メカニズムを考えると、小さな袋状の孔に不純物が吸着されて貯められて行きます。仮に100個ある不純物の内、30個が孔の中に入るとすると、除去率は30%でしかありませんが、言い換えるとその不純物を除去している事には間違い無い訳です。

子供だましの様な話ですが疑いなく文章を見ていると気づかないものです。前フリ宣伝の「世界中で使われている..信頼の...」などの言葉も効いて いるか らでしょう。また水の流れが速くなれば孔に引っかかる不純物の割合は少なくなります。使用時間につれてフィルターの飽和度が高くなり当然除去性能は低下し ます。

様々な公的機関名や高性能を謳う言葉を並べても、砒素等の地下水汚染対策に使用出来ない理由は除去能力が目的に達しない、除去性能の持続時間が短い等が理由でしょう。


qアルカリイオン整水器でお茶を入れると色が濃くなるのは水のクラスターが小さくなるからですか?

aお茶の色が濃くなるのは単にアルカリ性の水だからです。

これはお茶を水で薄めても、その水溶液をアルカリ性に調整すると緑の色が濃くなる事からも確認出来ます。

実験結果が載っているホームページがありますので詳細はこちらで御覧下さい。

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/atom11archive/wwatch/appendix/faq3.html

水のクラスターについてはこちらを御覧下さい。