top-banner

Home / 水の豆知識 / 水道水/井戸水の危険性について

水道水/井戸水の危険性について

井戸水に含まれた砒素で子供に健康被害!
茨城県神栖町で起きた井戸水の砒素汚染は、その水を飲み続けた子供が知らずの内に砒素中毒となり、不幸な結果をまねきました。

鉛中毒(平成元年以前の水道工事に使われた鉛配管)

wt_danger_img_01

平成元年以前に施工された水道取水管には多くの鉛配管が使用されています。当時、水道水中には溶け出さないとされていた鉛が実際には溶出し、健康被害の可能性を指摘されています。

そして、成長期の子供達は成人に較べ有害物質の吸収率が高く、先の鉛について言えば6歳未満の子供では成人の4~5倍の吸収率というデータがあります。


美味しいと言われていた井戸水が!
また美味しい水と言われてきた井戸水も農薬の過剰施肥による土壌汚染で硝酸性窒素、亜硝酸性窒素が水道の許容基準値を遙かに超えて検出されているところがあります。

水道水中の健康に影響のある有害物質
原水段階で汚染されていて、
浄水処理でも完全に除去出来ないもの
シマジンなどの農薬
トリクロロエチレンなどの塩素化有機物
2-MIB(2−メチルイソボルネオール)
浄水処理過程で生成されたり混入されたもの トリハロメタンなどの塩素化有機物
遊離残留塩素
浄水場から蛇口までの過程で汚染されたもの 鉄、銅、溶解性鉛などの重金属

私たちの体のおよそ70%を占める水、その水に安全を求めた時、私どもは逆浸透膜(RO)システムに行き着きました。

「安全で美味しい水」をご提供するために、ほとんどの不純物を95%以上除去できる浄水システムである逆浸透膜(RO)システムを御提案させて頂きます。


お勧めQ&Aで浄水器の性能がよく判る!

逆浸透膜だけはなく浄水器全般についてのQ&Aになっています。

 

逆浸透膜システムって何?

世界が使っている逆浸透膜浄水器
逆浸透膜はあらゆる不純物を95%以上除去
逆浸透膜の原理
浄水器性能比較
逆浸透膜日本国内試験データ

 

水のはなし

水のはなし
水道水/井戸水の危険性について
ミネラルがなければダメ?
美味しいRO水